中小企業へのワークライフバランス認定コンサルタント による人事・経営戦略ワークライフバランス導入支援

ワークライフバランス経営人事戦略導入

小さな会社(50人前後)の働き方の仕組みづくり。ワークライフバランスにより企業の意識と業績もUP。新しい経営人事戦略ワークライフバランス導入支援

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  面談予約 |  特定商取引法に基づく表記

ワークライフバランス経営人事戦略導入 TOP > 新着情報 > 就業規則本体と別規程について


就業規則本体と別規程について

就業規則に定めなければならないこと、あるいは定めておきたいことは非常に多岐にわたります。

その全ての内容を1つにまとめると、就業規則自体が、非常に複雑でわかりにくいものになる恐れがあります。

 

それを避けるには、就業規則「本則」は枠組だけを定めておき、本則以外に別規程を作成して、詳細な内容については別規程で定める方法がとることが考えられます(例:賃金規程、退職金規程、育児・介護休業規程、パートタイマー就業規則、出張旅費規程、安全衛生規程、人事諸規程等)。

 

しかし、別規程はそれだけで独立したものではなく、あくまでも就業規則「本則」に基いているため、別規定も含めて1つの就業規則とみなされます。

 

そのために、別規程を作成した場合、そのすべてについて所轄の労働基準監督署へ届け出る必要があります。

 

別規程を作成することが、面倒くさいように感じられるかもしれませんが、その事項についてより詳細に定められるメリットもあります。

 

例えば、会社内のメールチェックなど、私用の制限など従業員の行動を規制する場合、詳細な取り決めを別規程等でしておくことにより、従業員の意識改革を前もって行うことができるようになります。

 

このような対策をすることで、運用面の不公平感をなくすことや従業員の余計な誤解を防ぐこともできるようになります。

 

この「従業員の余計な誤解」については、普段、経営者が認識することは非常に難しいところです。

しかし、従業員の余計な誤解が労働者の無意識のサボタージュを生み会社の生産性を低下させる大きな要因となります。この点は十分に認識していく必要があります。

 


■ワークライフバランス・高齢者・パートタイマー活用雇用 ご相談■
お気軽に予約メール か、お電話 03-5201-3605 にてご予約下さい!

一般社団法人設立サポート

起業支援。起業融資や助成金のご相談

古物商免許と営業許可申請

特定労働者派遣事業届出

宅建免許申請

日本橋の社会保険労務士

東京都中央区社会保険労務士 箕輪オフィス

障害年金申請サポート

高齢者雇用・定年延長・給与と厚生年金の設計